かねこのご案内

3月11日(日)に、東日本大震災追悼慰霊祭のお手伝いをさせていただきました。

3月11日(日)
大河原町合同庁舎で執り行われました『東日本大震災追悼慰霊祭』。今年で7年目を迎えました。
献花会場の設営・開催を宮城県葬祭業協同組合にて本年度もお手伝いさせて頂きました。

献花会場の設営 献花台 エントランス

途中、国立劇場での東日本大震災七周年追悼式次第を中継で放映

放映の様子

慰霊祭当日は延べ100名を超える弔問、献花を頂きました

弔問、献花の様子 慰霊祭の様子

仏事なんでも相談会を開催いたします。

下記の日程で【仏事なんでも相談会】を開催いたします。

日時:3月17日(土)午前10時~午前11時30分
場所:セレモニー聖天苑 新舘(角田市角田字中島下514-1)地図の詳細はこちらから
参加費:無料

仏事なんでも相談会を開催いたします。

下記の日程で【仏事なんでも相談会】を開催いたします。

日時1:2月12日(月・祝日)午前10時~午前11時30分
日時2:2月17日(土)午前10時~午前11時30分
場所:セレモニー聖天苑 新舘(角田市角田字中島下514-1)地図の詳細はこちらから
参加費:無料
参加人数制限:なし
予約:不要

〇お葬儀 〇回忌法要 〇お墓の改装、墓閉め 〇お仏壇の処分等、仏事のことなんでもご相談ください。

また、レクリエーションとして「数珠ブレスレット」の作成体験を行います。作成して頂いた数珠はお持ち帰り頂けます。

数珠ブレスレット 数珠ブレスレット エンディングノート

【数珠ブレスレット作成体験】

〇天然石『水晶・オニキス・ヒスイ・メノー等々』でお好みの数珠ブレスレットを作成できます。もちろん作った数珠ブレスレットはお持ち帰りできます。普段付けててもOK。今だけの特別体験です、是非ご参加下さい。(注)天然石は数に限りが御座います。

【エンディングノート活用法】

〇エンディングノートとは

1.人生の最後を見据えながら、自分らしく生きる「終活」の浸透とともに、自分の生と終焉を書き綴る、その名の通り「終わり」を記した「ノート」です。終活は生前から終焉までのライフステージにおいて、“いつ何をすべきか”や“最後はどうあるべきか”などを考えて行動します。頭にあるそれらの計画を具体的に記したのがエンディングノートといえます。

2.ご自身の終末期や死後に、家族が様々な判断や手続きを 進める際に必要な情報を書き残すためのノートです。例えば、資産や葬儀に関することなどの、ご自身の希望が主なものです。ただし、遺言書のように法的効力は持たないため、遺産や相続に関することを記述する場合には注意が必要です。

仏事なんでも相談会を開催いたしました。(2017/11/11(土))

11/11(土)に葬儀なんでも相談会を開催いたしました。

ご葬儀での不明点を解消したいとの内容で60代男性、70代男性の2名様がご来場下さいました。

急なご訃報に際し、事前に知っておくべきお手続きを中心に残されたご遺族が困らない様、ご不安に思っている事への詳細な回答をする事が出来ました。

ご来場者様からも「不明点や不安材料を解消する事ができた。ありがとう。」とお言葉をいただきました。

当会館での『催し事』に関しましては、初開催から日が浅いこともありまだまだ認知度が少ない現状ではございますが、地域の皆様に引き続きご葬儀に関する不安などを解消していただける様、今後も実施して参ります。

次回開催は年末年始のため、日時未定となっています。開催要項が決まり次第サイト上に掲載いたします。

今後ともご家族、お友達などお誘いあわせの上ご来場いただけます様お願い申し上げます。

仏事なんでも相談会を開催いたしました。(2017/9/16(土))

仏事なんでも相談会を開催いたしまいた。 仏事なんでも相談会を開催いたしまいた。 仏事なんでも相談会を開催いたしまいた。

【仏事なんでも相談会】を開催いたしました。

ご葬儀のご相談が1件、仏事の相談2件、女性方には数珠ブレスレットの作成体験が好評のようでした。 また、数珠ブレスレットを作成しながらの雑談として皆様とお話しさせて頂くことで、普段は相談できないような 小さな疑問、質問もできたと喜んで頂いたようです


ページ上部へ